飲みやすくなった青汁

 

青汁といえば、「うーん、まずい!もう一杯!」というCMが頭をよぎる人が多いのではないでしょうか。

その印象が強いせいか、ニガイ・マズイ・青臭い、そんなイメージをもち飲むことを避けている人が多いようです。

しかし、栄養価の高い青汁を現代の技術がマズイまま放置しておくわけがありません!

各社から出ている青汁のうち、人気の青汁を紹介します。

◆えがおの青汁

えがおの青汁は、青臭さは全くなくとても飲みやすい青汁の代表とも言えます。

その名の通り、笑顔で飲むことが出来るのです。

主原料は熊本県阿蘇産の大麦若葉です。

与那国島産の長命草と発酵熟成させた発酵黒生姜を同時配合しているため、とても高い栄養価となっています。

そして、原料の入荷から出荷までの全工程でGMPの認定工場で商品を製造しているため、安心・安全に飲むことが出来ます。

◆ふるさと青汁

ふるさと青汁は他の青汁と違い、明日葉を主原料としています。

明日葉とは、ケールよりも遥かに高い栄養価を誇っているものです。

主原料は八丈島・伊豆諸島大島産の明日葉、熊本県産の大麦若葉、島根県の桑の葉となっています。

緑茶風味でとても飲みやすく出来ています。

また、超低カロリーなためダイエットにも最適です。

◆青汁三昧

テレビショッピングでお馴染みの青汁三昧。

知名度は一番あるかもしれませんね。

青野菜の中でも栄養価が高くビタミン・ミネラルが豊富なゴーヤ、ケール、大麦若葉の三大野菜を豊富に含みます。

抹茶風味でとても飲みやすく出来ています。

また、食物繊維や酵素も含まれているため、便秘の解消や女性の美容効果も期待できます。

◆はちみつ青汁

「まずい!もう一杯」の印象が強いキュウーサイの青汁です。

ただ、このはちみつ青汁は山田養蜂場のはちみつを混ぜているため、ほんのり甘い仕上がりとなっています。

甘すぎないため、甘党でない方でも飲みやすくなっています。

農薬や化学肥料を一切使用しない国産のケールが主原料となっています。

今では抹茶感覚で美味しく飲める青汁。

美味しく栄養を補給しましょう。

病院 保育

新居浜 賃貸